1. HOME
  2. ひがしいずブログ
  3. 東伊豆町の楽しみ方・過ごし方
  4. インタビュー④

インタビュー④

雛フェス実行委員へのインタビュー第4回です!!

今回の雛フェスでは「雛フェス陰の功労者」と噂される坂田佳之さんの素敵な趣味&特技とは・・・!?

【2020年1月8日(水)インタビュアー:ひがしいず女子 すーこ 】

すーこ:よろしくお願いします。まずは、お名前を教えて下さい。

坂田 :坂田佳之です。

すーこ:職業を教えてもらっても良いですか?

坂田 :建設業で坂田組という会社で働いています。

すーこ:社長さんですか?

坂田 :いえ、平社員です(笑)

すーこ:今回、雛フェスでは何の担当をされますか?

坂田 :自分は折り紙雛飾りの担当と交通規制関係の企画・書類の手続きをやっています。

すーこ:今、雛フェスに向けてどんな事を準備していますか?

坂田 :今は折り紙の企画書を作って、小学校や各方面にお願いに行く準備をしています。それと、サンプルで折り紙雛の試作品を今作っているところです。あと同時進行で交通規制の書類を作成申請しています。

すーこ:折り紙雛は幼稚園や小学生に一緒に手伝ってもらうような感じですか?

坂田 :そうですね。幼稚園は塗り絵、小学生は折り紙という形でお願いしています。

すーこ:前回の雛フェスには参加していますか?

坂田 :はい、しています。

すーこ:前回はどんな事をやりましたか?

坂田 :前回はとくに担当という物はなく、全員で揃って活動をしていたんですけれど、メインとしては交通規制をやったりと会議に参加して企画の案を出したりするのと、ポスターやのぼりのデザインやチラシ作りをしていました。

すーこ:ちなみに前回は初めての雛フェスでしたけど、感想とか印象とか思った事などはありましたか?

坂田 :初めてだったので本当手探りだったんですが、当日あれだけ人が集まったのを見てすごく感動しましたね。なので、これだけの事ができた達成感と、それと同じくらい「もっとできたな」「これができなかったな」という悔しい思いもしたので、それを今年はできなかった事をできるように、という思いが去年の感想ですね。

すーこ:去年終わった段階で、また来年もやりたいと思いましたか?

坂田 :それはそうですね。

すーこ:ちなみに今回、「雛フェス2020」とうたっていますけど、どの点を一番注目して欲しいですか?

坂田 :そうですね。企画全体としては、今年は空き店舗をいろいろと活用してもらいたかったんですけれど、ちょっと思ったよりできないかもしれないという点があるので(笑)。でも、できれば空き店舗をどういう風に使っているかを、シャッターを開けた姿を見てもらいたいですね。それと、今年は去年できなかったんだけど、和のテイストを強くしていこうと思っているので、その部分を感じてもらえたらなと思います。

すーこ:ちなみにここからは坂田さんのご質問になるんですけれど。

坂田 :はい。

すーこ:坂田さんがおすすめする東伊豆の、例えば食事だったりとか景色とかお土産とか観光などいろいろ含めて、一番坂田さんがおすすめする物というのは何ですか?

坂田 :そうですね。今回は雛フェスが稲取なんですけれども、自分は奈良本の出身なので、どうしても奈良本の海とか山が好きなんですけれど。そうですね、個人的には昔、素潜りが好きだったので。

すーこ:おお(感嘆)。

坂田 :でも、今はだいぶ厳しくなってできなくなってきたので。もっとルールが変わって緩和されてくれば、もっと地元の子どもたちが中心に磯遊びとか経験してもらいながら、伊豆の海を経験して少年時代を送ってもらいたいな、というのがあります。

すーこ:そうですね。今、子どもも海に入らないですよね。岩場の海なんて全然入らないですよね。

坂田 :伊豆の生まれなのに、泳げないとかありますよね。悪い事を言っちゃうと体力テストの全国平均を下回ったとか。

すーこ:そうなんですか?!

坂田 :田舎生まれなのに体力が無ければメリットねぇじゃん(笑)

すーこ:本当ですね(笑)誇るところが無いみたいな(笑)

坂田 :せっかくの田舎生まれらしく、田舎遊びを思いっきりできるような事ができれば、環境はたぶん整っていると思うので。海も山もあるので、そういう事がやれれば良いかなと思いますね。

すーこ:ちなみに、ふだん東伊豆町内で坂田さんが一番出没するスポットってどこですか?ここに良くいるんだけどみたいな。

坂田 :仕事以外で、ですよね?

すーこ:仕事中でも良いです(笑)

坂田 :大川とか仕事が多いです。あとは山の別荘地とか。

すーこ:見つけたら、けっこうレアみたいな感じですかね?(笑)

坂田 :あはは(笑)。消防とかも顔を出しているけど、そうですね。仕事が多いかな。

すーこ:なるほど(笑)坂田さんの趣味とか特技はありますか?

坂田 :良いか悪いか、漫画が好きなんで、それくらいです。

すーこ:何を読みますか、ふだん。

坂田 :けっこういろいろ見ますね。漫画って言っても描く方なので。

すーこ:え!!本当に?!すごい!!

坂田 :ただ、これはあまり大きく…といっても知っている人は知っているんですけど。そっちをやっているので。

すーこ:へぇ。すごいですね。

坂田 :まぁ、どちらかというと読んで描く。アニメとかは全然見ていないんですけど、ゲームばかりしているんですけど。漫画読んで描く。あとは旅行に行くのが好きなので。

すーこ:今まで行ったところで一番良かった場所はどこですか?

坂田 :この前は広島に行ってきて。

すーこ:広島良いですよね!

坂田 :尾道とか行ってきました。

すーこ:私も大好きです。

坂田 :そこは良かったですね。面白かったです。

すーこ:さっきの質問とちょっと重複するんですけど、東伊豆町の好きな所はどこですか?

坂田 :やっぱり海ですね。

すーこ:最後に、今年の「雛フェス2020」に向けて、何か熱い思いを一言いただければ。

坂田 :今年はけっこう女の人にターゲットを向けて動いているところが強いので、とくに着付けなんかは良いなと企画しながら思ってやっているので、女の人たちにせっかく雛のお祭りなので、たくさん来てもらって楽しんでもらえたらなと思います。

すーこ:はい。ありがとうございました。

記事一覧

ひがしいず女子

静岡県東伊豆町役場の10代〜30代の女子職員14名で構成するグループで東伊豆情報をお届けします(´∀`)♫ 地元イベントでも活動(^^) 直近は2/29、3/1に開催される「雛フェス」準備中! 若い女子目線で頑張ります(°▽°)

関連記事