1. HOME
  2. ひがしいずブログ
  3. 東伊豆町の楽しみ方・過ごし方
  4. インタビュー⑩

インタビュー⑩

雛フェス実行委員へのインタビュー第10回です!!

今回は、ウイスキーを愛する大人な実行委員、冨田伸一郎んです。

青年部は飲むのが好きな人が多いですね・・・^^;

【2020年1月21日(火)インタビュアー:ひがしいず女子 すーこ 】

(・∀・)

すーこ:まず職業を教えてもらってもいいですか?

冨田:職業は薬剤師です。

すーこ:今回雛フェスはどんなことを担当されてますか?

冨田:教郎くんと一緒で折り紙です。

すーこ:滝沢さん(青年部長)の家にみんなで詰めてるって噂の・・・

冨田:そうです、そうです。

すーこ:今はもうずっと製作ですか?

冨田:自分たちは今お休み中なんですけど、これから小学校とか施設に依頼してみんなに作ってもらうっていうのが一番大事なところなので。我々が一生懸命作るんじゃなくて多くの住民の人たちに作ってもらって、それを最終的に我々の方で組み立てる、飾りにするってことですね。

すーこ:ちなみに前回の雛フェスは参加されてました。

冨田:去年も参加してました。

すーこ:去年はどんなことをされてました?

冨田:朝は駐車場係をやって、あとは前日の準備、イベント中は特に何かやっていたわけじゃないですけど裏方の仕事をさせてもらいました。

すーこ:去年やってみて感想とかありますか?

冨田:一番思ったのは森田さん(前青年部長)すごいなーと。荒武君(森田さんと雛フェスを立ち上げた男。後日インタビューにも登場します。)と2人でよくあれだけのものを作ったなと。本当に感動しました。

すーこ:来年もやりたいなと思いましたか?

冨田:そうですね。やっぱりこれだけ作ったものを1年でやめちゃうってことはないと思うし、来年はより深く関われたらなと思いました。

すーこ:今年の雛フェスで一番注目してもらいたいところは?

冨田:実行委員やってるんでやっぱり折り紙を。立派なものを作り上げて見てもらえたらいいなと思っています。

すーこ:冨田さんが東伊豆町で一番おすすめするものってなんですか?

冨田:景色じゃないですかね。特に下から見る景色っていうよりは高い山の上から見る景色をこの稲取の町はとてもいいんじゃないかなと思います。

すーこ:ふれあいの森とか風車のところとか?

冨田:あと稲取と白田の間くらいのところに登れるところがあって、ゴルフ場から手前を右に入っていくところ・・・別荘地に下りていかないで上に登っていくところ、あれ何て言うんですかね。

すーこ:浅間山のところですかね。

冨田:そこ初めて行ってなかなかいい景色だなと。細野高原とは違って穴場のスポットだと思います。そういったものをもっと生かせればいいんじゃないかなと個人的には思います。

浅間山から望む景色

すーこ:冨田さん、町の中でよく出現するスポットってありますか?

冨田:出現・・・そんなにフラフラしない(笑)飲みに行くのは好きですけど。

すーこ:みんな飲み屋って言う!!! 趣味とか特技はありますか?

冨田:飲むことですかね~(笑)特技もお酒飲むこと。

すーこ:何飲みます?

冨田:家ではもっぱらウイスキーを飲みます。

すーこ:大人ですねぇ~!! 冨田さんが町の好きなところはどんなところですか?

冨田:言葉は荒っぽいけど本当は優しい、外と中身のギャップみたいな。そういう人間が多いところかな。他所からくると戸惑うだろうけど悪い人はいないんじゃないかなと思いますね。

すーこ:最後に雛フェスに向けて来てくださる方などに熱いメッセージを。

冨田:ちょうど河津桜がそのころまでは咲いていると思うので、桜見るついででいいと思うんですよね、きっかけは。すぐ隣町にこんなに素晴らしいものがあるってことを少しでも多くの人に知ってもらってもっと波及していけばいいかなと思います。

すーこ:ありがとうございました。

記事一覧

ひがしいず女子

静岡県東伊豆町役場の10代〜30代の女子職員14名で構成するグループで東伊豆情報をお届けします(´∀`)♫ 地元イベントでも活動(^^) 直近は2/29、3/1に開催される「雛フェス」準備中! 若い女子目線で頑張ります(°▽°)

関連記事