1. HOME
  2. ひがしいずブログ
  3. 東伊豆町のお店・施設案内
  4. キンメと稲取さんぽ

キンメと稲取さんぽ

このホームページを開くと、最初に雛フェスのロゴが出てきますよね。そこにいるのはもちろん”金目鯛”です。やっぱり稲取と言えば金目鯛。お祝いの席や法事などの食事でも金目鯛が出されるほど、身近にあるキンメ。そんなキンメは実は街中のいたるところに。ということで、今回はキンメ探しのさんぽへごーε=ε=(ノ≧∇≦)ノ

 

出発は伊豆稲取駅。まずは海を目指して歩きます。

……?これは?

まだ1分も歩いてないんですが、なんと、早くもキンメが。実はこの駅前の通り、街灯にキンメのモニュメントが付いてるんです。

 

さて、さんぽを続けます。信号です。一旦止まりましょう。

……?(。_。) !!!

足元にもキンメが!!

実はこの通り他にも似たようなタイルが。

先週紹介していたつるし飾りが描かれたタイルが何種類もあるんです。全部みつけられますかね?

上にはキンメ、下にはつるし飾り……。歩くときはお気をつけくださいませ。

 

さあ、信号を渡れば海はもうすぐ!!!

ここまで約5分。海が見えてました。

実はこの周辺、キンメスポットです。探さなくてもキンメがいます。探すともっといます(о´∀`о)

だって、まず目に入るこらっしぇの看板。このロゴ、キンメとみかんがモチーフなんだとか。確かにいますねキンメ。

お次はこちら

昨年の雛フェスここにもいます、キンメ。

さらにどんっ!!

キンメのオブジェが。ちなみにこいつ、ハンドル回すと地味に動きます。ひれが。昔は駅のところにあったんですが、今はここ、こらっしぇの横に。子供の頃よく回したなぁ(о´∀`о)

 

さて、さんぽを再開します。このまま海沿いを行きましょうか。

 

さて、喉も乾いたし、一休みっと……Σ(゜Д゜)

 

……

 

安心してください。

中はフツーの自販機でした(;´∀`)

ちなみにここ、稲取漁協の前には自販機が数台ありますが、この1台だけがキンメ仕様。

 

一休みしたのでお散歩再開。

しばらく港沿いを歩くと…

大きなキンメの看板が!!

ここまでおよそ10分弱。

ここ、徳造丸さんの海女の丼屋と本店。

海女の丼屋は足湯になっています。

そして本店にはこんなものも。

その名も”キンメベンチ”。キンメに座って写真が撮れちゃう撮影スポットですΣp[【◎】]ω・´)

 

…そして、ここ徳造丸さんではキンメを使ったお食事ができるんです!!!

やっとでた!!本物のキンメ!!他にも新鮮な海の幸が頂けます(о´∀`о)

 

 

さて、お腹も満たされたのでおさんぱ再開です。

来た道を少し戻って少し細目の路地?へ

少し入った所を右に曲がると

なぶらととさんが。

ここでは、つるし飾りが展示されています。ここでは他の会場と違った展示が。それがこれ

小さくて見にくいですが、実はこれ、籐で編まれているんです!!ぜひ、実際に見てみてください!!

その、精巧さたるや、感動ものです(о´∀`о)

 

 

さて、つるし飾りも見たのでおさんぱ再開。

先程の道に戻ります。

しばらく行くと分かれ道が。

左側の道を進みます。

ちょっと坂道……頑張って登ります・・・(;´Д`)

 

3分ほど登ると…

はい。ここは、雛フェスのメインストリート。当日は歩行者天国になって、いろいろなお店が出店されます。お店の情報はFacebookやインスタで紹介されているので、チェックしてみてください(о´∀`о)

せっかくなので、この道を行きましょうか。

あっ!!!こんなところにも

駅前にもあった街灯とキンメのオブジェですね。

しばらく進むと信号が見えてきました。当日はここまでが歩行者天国になるんです。

さあ、この信号でおさんぽは一旦終了です。

この信号を左に行くと伊豆稲取駅に。

 

歩いた時間はだいたい20分程度の短めコースでした。なぶらととさんで見学しても40分程度で回れるお手軽さんぽ。電車の時間まで少しあるって時にもおすすめです(о´∀`о)

ぜひキンメを探してみてください(о´∀`о)

記事一覧

ひがしいず女子

静岡県東伊豆町役場の10代〜30代の女子職員14名で構成するグループで東伊豆情報をお届けします(´∀`)♫ 地元イベントでも活動(^^) 直近は2/29、3/1に開催される「雛フェス」準備中! 若い女子目線で頑張ります(°▽°)

関連記事